見てろ私の底力!! 好きな言葉は「女だてら」と「男勝り」。 日本人なら「喧嘩」と「祭り」に「桜」と「花火」!! 粋な女になってやらぁ!!
by すず
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

2013のその後

2013年 開幕…っつっても
今年は喪中の為
お正月らしいことは何もなかったけど
元旦には、クリコさんから届いた
ステキなギフトがリビングを飾った。
c0074025_1342021.jpg
私は…というと
相変わらずグダグダと過ごし
時々キングとお散歩に出かけ
減量でも始めようか…と思い立ち
久しぶりに食事のエネルギー量を計算したりした。
c0074025_13424362.jpg
そんなことをしだした数日後…
福が来た!!
c0074025_13441167.jpg
1月12日 愛しの金魚たんから
「今日、郡山だよ~」って。

金魚たんのバスが停まるであろう駐車場に先回り。

パイロンどかせてお迎え準備。

前回と同じおでん屋さんの暖簾をくぐって
今夜もキワドイえろ話!!

「すずちゃんは、女の子なんだよ」
「女の子はさ、一番でなきゃダメなんだよ」
「でもさ、そんだけ愛せた男がいる…ってことは
幸せなことでもあるね」という
金魚たんの言葉がヒドク胸に響いた。

金魚たんはさ、不思議なほど驚くほど
私がしてきたことを、ズバリと言い当てた。

この日も気付けば午前様。

ゲラゲラ笑いながら
金魚たんの泊まるホテルに到着して、またねのハグ。

「頑張らなくていいんだからね」って金魚たんからのエール。

エレベーターの扉が閉まるの見てらんなくなっちゃった。

金魚たんに会って
やっとやっと年が明けた気がした。

それは気のせいなんかじゃなくて
本当に何かが私を動かして
ズルズルの自分を奮い起こすことができた。
c0074025_13444420.jpg
まだまだ寒くて
どんどん雪が降るけど
一足先に誰よりも早く
春に向かおうか。
c0074025_13451086.jpg
キング。春は どっち?

[PR]
# by suzusuzu_77 | 2013-01-20 13:30 | 独(ヒトリゴト)

その後の2012

11月の初旬
じぃちゃんが天寿をまっとうしました。
c0074025_1324318.jpg
それはそれは、とても穏やかな最期で
葬儀に訪れた誰もが皆
「幸せな死に方だ」と口を揃えた。

じぃちゃんは、亡くなる1時間前まで
言葉数こそ少なかったけど
両親と会話をしていたそうです。

自宅の自室での最期でした。

じぃちゃんが亡くなった翌日は
ママのお誕生日でしたが
後日、パパのお誕生日と一緒にお祝いしました。
c0074025_13251537.jpg
私は…というと
彼がいなくなってからというもの
常に常に上の空で
なんだか一生懸命に生きるのが
バカバカしくなって
11月イッパイで、仕事を辞めました。

それからは…
コンビニで可愛いオヤツを見つけてみたり…
c0074025_13254742.jpg
気晴らしに仙台光のページェントに出かけてみたり…
c0074025_13261715.jpg
クリスマスには誰かの今日を彩るあのヒトを思ってみたり…
c0074025_13264552.jpg
年末に向けて大掃除を始めてみたり…

大掃除の最中に
ここんとこ出番のなかった携帯灰皿が出てきた。
c0074025_13272658.jpg
夏の吸殻と、夏の思い出が入ってた。

寒くなって、雪が降って…
ホッ…とする自分がいました。

バイクの音を聞かなくなる季節。
少し乱暴なその音が聞こえる度に
胸の詰まる思いをした。
c0074025_1327537.jpg
今年は、冬眠するに相応しい冬となった。

[PR]
# by suzusuzu_77 | 2012-12-31 12:36 | 独(ヒトリゴト)

いつか やがて

まだ3日…が1週間になり…1ヶ月になり…
それは やがて いつか 1年となり…

あのヒトが居ない毎日はツマラナイ。

そんな私のキモチを察してか
最近やたらとくっついてくる。
c0074025_15511840.jpg
可愛いヤツめ。

ベッドを占領するのは構わないけど
少しヤンチャが過ぎるんじゃない?
c0074025_1655575.jpg

[PR]
# by suzusuzu_77 | 2012-10-28 16:06 | 独(ヒトリゴト)

直前の突然

鬼になってから、1週間後の10月7日。
この日は彼とデートの計画を立ててました。

季節柄、新蕎麦を食べようか…とか
ワンコ連れてお散歩行こうか…とか
ちょっと気になる映画を観てこようか…とかね。

それがさ、前日になっても目的や時間が決まらなくて
私は「こりゃ明日は無いわ」と思ってたの。

案の定、予定していた7日当日は
メールしても返事が返ってこなくて
時刻は間もなく正午を指す頃で
なんか、もう面倒くさくなっちゃったの。

このまま待ってたら夕方になっちゃうわ…と思って
私はキングを連れてヒトリで出発したの。
c0074025_14335018.jpg
向かった先は「猪苗代ハーブ園」

コスモスが見頃を迎えていて
見渡す限り、一面のコスモス。

遠くには、紅葉が始まった磐梯山。
c0074025_14342028.jpg
ここには、干支(十二支)の彫刻があるんだけど
「巨木の彫刻」といわれている通り
そのデカサったら、ハンパないの。
c0074025_14345478.jpg
ひとしきりキングと遊んだら
「今、起きました」と彼からのメール。

ふ~ん。本当はもっと前から起きてたクセに。
私がお出かけを諦める時間帯を狙って
連絡してきたんでしょ?

「キングと遊んでます。ユックリ休んでね」
とキングの画像を添付したメールを送って
私は夕方までキングとお散歩を満喫したの。

それから1週間後の10月14日。
c0074025_14384882.jpg
彼は、再び旅に出る準備を始めました。

「しばらくほっといて」だってさ。
ご希望通り、ほっといてあげるわ。

「ヒトリで頑張ってみる」
ヒトリでなんて居られるワケがないことは
私が一番知ってるよ。

それから2週間の間
私は騒然と呆然を繰り返し
パパに「ケンカでもしたのか?」と心配され
事情を知らない彼の友人達から
彼の居場所を聞かれ困惑し
眠れぬ夜は折れそうな三日月を仰ぎ
真夜中に目を覚ませばアナタを想い
迎えた朝に、今日の1日を祈った。

状況を理解するのに2週間。
状況が把握できて、私はまたキングを連れ出した。
c0074025_14393125.jpg
一緒に行きたい所がもっとイッパイあったの。
一緒にしたい事がもっとタクサンあったの。
一緒に居る時間がまた途切れるなんて
思ってなかったの。
c0074025_14401749.jpg
コスモスの見頃が終わりかけてました。

[PR]
# by suzusuzu_77 | 2012-10-27 22:31 | 独(ヒトリゴト)

出港

行ってらっしゃい
c0074025_16535142.jpg

[PR]
# by suzusuzu_77 | 2012-10-14 20:52 | 天(カタヲモイ)

バスが来た

愛しの彼女がシャワーの最中
こっそり1枚、バレないように。
c0074025_1725132.jpg
10月2日・火曜日
「今夜は早く寝ちゃう?」
と、1通のメールが届きました。

仕事が変わってからは
寝たくなったら寝る…というスタイルで
特に就寝時間を決めない毎日。

よくよく聞けば、愛しの彼女は
この日の夜22時頃に郡山着(泊)だという。

そんな滅多にないチャンス
逃がすワケにはいかないでしょう。

愛しの彼女の到着を
指定のホテルのロビーで待つこと数分。

「すずちゃん!!」と私を呼ぶ、あの声。

いつか一杯、盃を交わそう…と言っていた。

それが実現した夜。

お魚が食べたくて訪れたお店は
ラストオーダー10分前…。

そのお店に向かう途中にあった
おでん屋さんの暖簾をくぐって
今夜の旨いお酒を注文。

愛しの彼女の正体は、金魚さん

なんと、金魚さんに逢うのは
この夜が3回目のことで
あんなふうに、腰を据えてお話するのが
初めてのことだったんだけど
そんなこと、これっぽっちも感じなかったね。

まるで互いが近所に住んでて
しょっちゅう一緒に遊んでるみたいな感じだった。

ここんとこ、近くにいるのに
逢えないで終わったことが数回あった。

やっと叶ったね。

ちょうど心がナーバスな時だった。

金魚さんから、パワーいっぱいもらった。

翌日は、お互い早起きだったから
ちょっとのツモリが午前様。

でもね、ちっとも眠たくなんてなかったよ。

[PR]
# by suzusuzu_77 | 2012-10-02 22:22 | 尊(友人)

夏の思い出 大放出!!

秋も深まるこの時期に
夏の思い出 大放出!!

……って、今年の夏の思い出は
花火ぐらいしか放出できないんだけどね。

しかも、1回だけなんだけどね。
c0074025_15473540.jpg
8月18日・土曜日
福島県でも1番ぐらいの大きな花火大会。

この日ばかりは、臨時の電車やバスがでちゃうぐらい
人気の高い花火大会。
c0074025_1548066.jpg
近隣のホテルは、数ヶ月前から満室予約で
ここから何十キロも離れてるホテルも
当日の問い合わせで、必ず満室。
c0074025_15482712.jpg
そういや、すずの働いていたホテルでも
この花火大会の日には
シングルのお部屋を2人で使えるようにセットを整えたっけ。
c0074025_1548531.jpg
そんな花火大会には午前中から行動開始。

午後1時には会場入り。
先に場所を取っておいてくれたお友達のおかげで
1番前のド真ん中!!
c0074025_15492090.jpg
花火が始まるまでの間は
BBQしたりで楽しい待ち時間。

お祭り気分に拍車がかかる出店もタクサン。

迷子になるから…ってんで、行かせてもらえなかったけど。
c0074025_15495710.jpg
今年の夏も、海は無かった。
マッハも出動しなかったし
仙台七夕を楽しんだ以外は
お祭りにも行かなかった。

夏らしいことが少なかったなぁ…と感じてたけど
そのキモチは、この1回の花火で帳消し!!
c0074025_15502826.jpg
2012・夏
今年も良い夏でした。

また来年、逢いましょう。

[PR]
# by suzusuzu_77 | 2012-08-18 23:41 | 旅(冒険)

退職の日

平成24年8月14日。
その日は、私の退職の日。

5年と2ヶ月のホテル・フロント業務に
終止符を打った日。
c0074025_15383590.jpg
「5年」というと
スゴク長いような感じもするけど
終わってしまえば
あっという間だったような気もします。

この5年の間に、何人ものスタッフを見送りました。

その度に「私の番はいつだろう…」
なんて考えたりすることもありました。

仕事で厄介な事に出くわすと
「あーっ、もう辞めてやる」
なんて、15分おきに思ったモノです。

それでも実際、こうして最後の日を迎えてみると……

本当に本当に寂しいモノでした。

5年という月日が流れ
ホテルでのアレコレを理解し、把握でき
職場では、随分とナマイキなことも言いました。

そんな私を支えてくれたミンナに感謝のギフト。
c0074025_153928.jpg
5匹×45人分の感謝!!
c0074025_1539424.jpg
8月20日から就いたお仕事は
障がい者の就労や生活の支援。

知的・精神・肢体・学習・発達……
全員まとめて かかってこ~い!!

[PR]
# by suzusuzu_77 | 2012-08-14 15:37 | 独(ヒトリゴト)

宮内駅の駅長さん

もうカレコレ2年前から
行きたいな…行きたいな…と思ってた場所。

なにかにつけて「山形」を指定して
その度に却下されて…を繰り返し
この度、やっとやっと辿り着くことができました。

山形県・山形鉄道フラワー長井線・宮内駅
c0074025_15134062.jpg
なんでここに来たかったか…っていうとね
この宮内駅の駅長さんたら
キュートなキュートな色白美人の駅長さんだから。
c0074025_15162016.jpg
この駅ね「毎週水曜日は休み」とかいう
本当に田舎の小さな駅。
c0074025_15165628.jpg
フラワー長井線の辿る駅のヒトツに
「白兎駅」という名前の駅があって
そこの駅舎は、ウサギのデザインらしいの。

本当は、その白兎駅にも行きたかったんだけど
今回は、この宮内駅だけに狙いを定めて行って参りました。
c0074025_15174454.jpg
もっちぃ駅長
c0074025_1518924.jpg
時は8月9日。真夏真っ盛り。

暑さに弱い色白美人さんは
ダラン…と伸びて、お出迎えしてくれました。
c0074025_15183966.jpg
宮内駅には、もっちぃ駅長の他に
「てん」と「ぴーたー」という2匹の駅員さんもいます。

あぁ~、ここ本当に楽しかった(b>∀<)b

[PR]
# by suzusuzu_77 | 2012-08-09 22:05 | 旅(冒険)

8月9日は特別な日

ホテルに戻る頃には
スッカリ日も暮れた時間。
c0074025_1531911.jpg
翌日9日は、彼のお誕生日。

すずのお誕生日のヤリ直しや
退職・転職のお祝いも便乗させて
パーティーの始まり。
c0074025_1534440.jpg
地上17階より
七夕で賑わう街並みを眼下に眺め
チーズのキッシュと
ゴルゴンゾーラのペンネと
ホタテのマリネと
エビのタルタルと
ケーキとシャンパンでお祝い。
c0074025_1541172.jpg
珍しく、彼より私が多く飲んだ夜。

日付が変わる頃には、スッカリシッカリ夢の中…。

[PR]
# by suzusuzu_77 | 2012-08-09 00:00 | 天(カタヲモイ)

仙台七夕祭り

大きな通りを1本入ると
一方通行がひしめき合う場所に
今夜の宿泊先は ありました。
c0074025_1451815.jpg
建物の7階がフロントのホテル。

チェックインを済ませ、お部屋に荷物を置くと
早速 七夕祭りへ繰り出します。

学生時代を、ここ仙台で過ごした彼は
当時の記憶を頼りに、私をあちこちに案内してくれました。
c0074025_14522344.jpg
趣向を凝らした数え切れないほどの七夕飾り。

鮮やかなもの、綺麗なもの、艶やかなもの…。

そんな中に、ウサギ発見。
c0074025_14533592.jpg
止まって写真を撮ろうものなら
たちまち通行の妨げになってしまうほどの見物客。

そんなモンだから非常に残念な1枚。
c0074025_14561268.jpg
サンドウィッチマンの直筆メッセージも
もはや何て書いてあるか判断不可能…。

夜ご飯を美味しく食べる為に
お昼抜きの私達は、少し早めの夕ご飯。
c0074025_14564013.jpg
仙台名物・牛タンは 利久で頂きました。

厚切りで食べ応えのある牛タン。
シチューも頼んじゃって大満足。

[PR]
# by suzusuzu_77 | 2012-08-08 17:44 | 旅(冒険)

やんやんやや~ん八木山の~♪

八木山動物園は2時間も歩くと一周できちゃって
ホテルのチェックインには、まだほど遠い時間。

そんなで、八木山動物園のスグ隣り
「八木山ベニーランド」へ足を向けました。
c0074025_14421679.jpg
タイトルは、このベニーランドのテーマソングで
仙台に住む人達は、毎日のように
テレビのコマーシャルでこの歌を耳にするらしい。

福島でも、レジャーシーズンになると同様で
「やんやんやや~ん八木山の~♪」と聞くと
あぁ…夏休みか…と気付いたりしたモノなのです。
c0074025_1442405.jpg
そんな、やんやんやや~ん八木山の~
ベニーランドで大人の休憩タイム。

そう広くない敷地の中には
所狭しとタクサンの遊具が設けてあります。

遊園地といったら、観覧車。
c0074025_1443535.jpg
スリルライド系は苦手です…。

テッペンから見下ろす
ジェットコースターの骨組み。
c0074025_14432941.jpg
ゴーカートで勝負して
園内をグルッとお散歩したら
ちょうどいい時間になりました。

[PR]
# by suzusuzu_77 | 2012-08-08 12:35 | 旅(冒険)

宮城県仙台市でキング

キング~
c0074025_143133.jpg
注)シロクマです

この夏、私達はヒトツの計画を立てていました。

行き当たりばっ旅
北海道への旅!!


だったのですが
予定通りにホテルが辞められなかったことと
次のお仕事が予定よりも早まったことで
1週間の休暇が取れず実行には移せませんでした。

それでも旅を計画した以上
どこかに行きたいキモチは収まらず
近場でいいから どっか行こう!!

てなワケで辿り着いたのは
宮城県仙台市 八木山動物園。
c0074025_14312698.jpg
当初はキング(注・シロクマ)だけが目的でしたが
予定より3時間も早起きしてくれた彼のおかげで
園内をくまなく見てまわることができました。
c0074025_14315349.jpg
ゾウやキリンやライオンや
シマウマ、カバ、サイ、トラ、クマ、サル……

8月初旬とはいえ
半そでじゃ少し肌寒いくらいの気候で
ストレスなく歩くことができたこの日。
c0074025_14321632.jpg
訪れた8月8日は
仙台七夕祭りの最終日。

どこもかしこも七夕の要素満載でした。

[PR]
# by suzusuzu_77 | 2012-08-08 09:53 | 旅(冒険)

盛夏

さぁ。始まります。
c0074025_235406.jpg

[PR]
# by suzusuzu_77 | 2012-07-31 23:01 | 独(ヒトリゴト)

傘の花咲く雨の七夕

★七夕恒例の雨降り★
c0074025_21165240.jpg
その瞬間、私は代行の随行車で
彼の後を必死に追いかけている最中でした。

日付が七夕になったことは、ラジオが教えてくれた。

お客様を送り届けた時刻は「稼ぎ時」と呼ばれる時間。

いつもなら、大急ぎで待機場所に戻るんだけど
今宵は七夕。
c0074025_21174723.jpg
今夜は「松屋」だって特別なご飯になる。

[PR]
# by suzusuzu_77 | 2012-07-07 20:59 | 独(ヒトリゴト)

先日テレビでやってたから

調子に乗ってあげてみる。

栃木県那須塩原名物
スープ入り焼きそば
c0074025_2521083.jpg
宇都宮サル居酒屋の翌日
ちょっと遠回りして寄り道。

これね、すごくジャンクな味。

お店特製の「酢」をプラスすると
別物になる感じで、またウマイ。

スープ入り焼きそば。
近くにお越しの際は、是非ご賞味あれ。

[PR]
# by suzusuzu_77 | 2012-07-01 02:39 | 旅(冒険)

初夏のBBQ

前置きに、ちょっとだけ彼の話。

昨年12月。彼が転職しました。
なんでも、お友達と運転代行の仕事を立ち上げる…
とかで、トレーラーを降りることに。

「バイクからトレーラーまで代行します」
をコンセプトに、大型2種免許を取得した彼。

すずも、ホテルがオヤスミの日は随行車のお手伝い。

今は既存の代行会社に所属し、修行中の彼。

この日は、その会社の社長の計らいで
初夏のバーベキュー!!
c0074025_1163480.jpg
正直なところ、この不況の最中に事業を興すこと
しかも、それが運転代行…ということに
すずは、賛成できないでいる。

オヤスミのいくつかを随行してみて
需要の少なさを目の当たりにした。

それよりもなによりも
夜通しの仕事が身体にきたす負担を懸念。

5年に及び夜勤に従事した私。
えも言われぬ倦怠感と疲労感にしばしば襲われる現実。

「夜通し走ったこともあるから大丈夫」
と彼は簡単に言うけど
それは月に数回のことだったでしょう?

毎晩のこととなれば
収入云々の前に、身体が心配。
c0074025_324754.jpg
とは言っても、もう始まってしまったこと。

収入の不安定さは、彼が一番身にしみてる。
身体の不調も徐々に感じてきたみたい。

それでもヤメない…ということは
彼なりに何か理由があっての事だろう。
c0074025_118751.jpg
だったら黙って見守るしかない。

随行のお手伝いができるのも
すずが転職するまでの残り数回。
c0074025_1194335.jpg
初夏のBBQは梅雨の晴れ間。

久しぶりの太陽と仲良し。

思う事はイロイロ沢山あるけれど
彼の言葉を借りて言うなら、人生は一度キリ。

日中のお出かけがグンと減って
ちょっと寂しくなるけど、応援するよ。

[PR]
# by suzusuzu_77 | 2012-06-24 21:12 | 旅(冒険)

糖度20の特別Sweet

6月12日・天気は霧雨。
2年ブリの赤い橋。
c0074025_23242534.jpg
2つめの橋は
今は通れなくなってました。
c0074025_23252557.jpg

鹿嶋の海を眺め
向かった先は茨城県鉾田市。

何でも、鉾田市は
メロンの生産量日本一なんだって。

彼が以前所属していた茨城の会社に
メロン農家のお友達がいて
「今年のメロンは上出来だぞ」との連絡を受け
収穫ピークの6月中旬にオジャマしました。

完熟極上高糖度!!
c0074025_23261313.jpg
糖度20の特別を頂きました。

売り物にならないメロンが次から次へと運ばれてきます。

メロンでお腹イッパイ……
なんて、とんでもない贅沢!!

でもね、この日はまだまだ贅沢が続くの。

メロンデートの後は
彼の麻雀仲間が集うお寿司屋さんへ。
c0074025_23264934.jpg
久しぶりのカウンター寿司。

上品なサシが入った中トロに近い赤身。
c0074025_23272550.jpg
麻雀の話で盛り上がる彼達の隣りで
ヒマを弄んでいたら出てきたエビ。
c0074025_2328052.jpg
そして、このお店にきた私の最大の目的
ばらちらし
c0074025_23284140.jpg
ご飯よりもお魚の方が多い
スペシャルバージョン!!

贅沢で盛り沢山の1日でした。

[PR]
# by suzusuzu_77 | 2012-06-12 21:41 | 旅(冒険)

5年ブリの履歴書、そして面接


ゴールデンウィークを間近に控えた頃のお話。

本格的にお仕事を辞めようか…と思う出来事がありました。

ホテルの仕事がイヤになったワケではないのです。

むしろ、忙しくて自分を見失いそうになりながらも
毎日楽しくて仕方がないぐらいなのです。

確かにね、時々ヤリきれなくなる時や
理不尽な場面に出くわす事もあるけれど
それでも楽しい仲間に恵まれて
あと10年……とは言わないにしても
もうしばらくの間はフロントのお仕事を頑張ろう
と思ってました。

思ってましたが、震災からようやく1年が過ぎ
落ち着くと同時にある思いが強く募っていきました。

すずの働くホテルは、合計207室のお部屋があります。

常々、何かあったら……
例えば、先の地震を含め、火事やその他の災害が起きたら
不安だな…という思いは、いつもありました。

それが最近、単なる「不安」ではなく
そのことが「恐怖」に感じるようになってきていたのです。

207室、守れない…。
こんなことを言ったら、ホテルマンとして失格なんだけど
宿泊客を守らなきゃ…ということが
とても脅迫的に、重く強く心を押さえつけました。

そんなところに舞い込んできたヒトツの話。

大学の頃に志してた児童福祉のお仕事。

聞けば、今年6月の開所に向けて求人をかける…とのこと。

悩みました。
どう転んでも6月の開所には
「ゼッタイ」と保証がつくぐらいムリな話。

ムリなんだけど、どうしてもこの児童福祉のお仕事を
諦めたくない気持ちは大きくて
不採用覚悟で、履歴書を書いて面接に行ってみた。
c0074025_12253989.jpg
5年ブリとなる面接は
簡単な筆記試験なんかもあって
漢字の書き取りはクリアできたけど
日本史の部分は白紙で提出。

さらに「不採用確定」を覚悟した。

面談では、学校を卒業して最初に就いた
児童福祉の仕事の話から始まり
「辞めた理由は?」
とういう質問に
まさか「解雇になりました」と答えられるワケもなく
「思い描いていたモノと現実とのギャップが激しく
この仕事を続けるには
もう一度勉強する必要があると思った」
なんてもっともらしい説得力のある返答。

ま、その後 児童福祉の勉強なんて
実際のところこれっぽっちもしてないんだけどね。

面談の最後に
「児童指導員として何ができますか?」
なんて無茶ブリにも近い質問を投げかけられた。

こっちは、もう不採用だと覚悟してるから
「何が出来るかは、今は正直わかりません」
なんて、強気の答え。

「その時にできることを
一生懸命、誠意を持ってやるだけです」

と伝えて、面接が終了。

7月末、ホテルの制服を脱ぐことになりました。

[PR]
# by suzusuzu_77 | 2012-06-01 12:56 | 独(ヒトリゴト)

宇都宮で楽しい夜


「明日、栃木の陸運局に行くんだけどさ」

「そう、気を付けて行ってらっしゃい」

「前泊、泊まりで行くんだ」

「そう、じゃキャバクラで女でもかまってくれば?」

「おもしろそうなとこ見つけたんだ」

「そう、写メでも送って」

「お猿さんのいる居酒屋なんだけど」

「行くっ!!」

てなアンバイで、辿り着いた所は、こんなとこ。
c0074025_23552824.jpg
赤ちょうちんが、いい感じ。

お店に向かう前に
「お猿さん、いますか?」
って確認の電話をしてみたら
「お猿さん、大丈夫です」
って返事に、期待感急上昇。

「自動ドア」って書いてあるのに手動の扉を開けると
きっとお猿さんが出迎えてくれるのね。

お猿さんと対面すべく、呼吸を整え
扉に手をかけ、ユックリユックリ………







お猿さ~ん。






お猿さ~~ん。










c0074025_23555347.jpg
怖っ!!
びびった。マジびびった!!
何か、見ちゃイケナイの見ちゃったかと思った!!

ビクッ……ってなった。
咄嗟に逃げの体勢になった。

お店のお父さんの「いらっしゃい」の声で我に返る。

「可愛いでしょ?俺が作ったんだ」

どうやら、お父さん手作りのお面らしい。

お世辞にも「可愛い」とは思えない正直者の私。

スゴ~イ!!とだけ大袈裟に言って
お猿さんが視界に入らないお席を選んだ。

ビールとウーロン茶と餃子と串焼きと……

思いつくモノを注文して、運ばれてくるのを待ってると
お料理よりも先に、ちっちゃいbabyが運ばれてきた。
c0074025_23561775.jpg
生後3週間だって。

私の指を、食べ物と勘違いして
一生懸命ガジガジしてた。

最初は互いに警戒し合った両者だったけど
イジワルなことされないと知ると
背中に飛び乗る大サービス。
c0074025_23564786.jpg
「滅多に無い機会だから」と
babyを抱っこさせてくれた。
c0074025_23571650.jpg
お料理に手を出すなんてことは全くせず
「オシボリください」というと、持ってきてくれるお猿さん。

苦手なモノは、酔っ払いなんだって。
c0074025_23574426.jpg
お猿さんと、酒盛り。
ちょっと楽しい宇都宮の夜でした。

[PR]
# by suzusuzu_77 | 2012-05-24 23:41 | 旅(冒険)

ちょうど良い午後


最高にお天気が良くてお仕事もオヤスミで
どこか行きたいなぁ…と思っていた午後でした。

彼の友人から、不意の着信。

どきっ…とする。
もしや、また事故じゃ……。

恐る恐る電話に出ると、陽気な声がこう言った。

「今日って、一緒?」

私が彼と一緒かどうかを聞いている。

別行動だけど、どして?

「今、電話したんだけど出なかったから一緒なのかと思って」

彼が私と一緒にいて出ない電話は、女からの電話だけだ。
ツマリ、私からの電話に出ない時は、女といる時だ。

「天気いいからさ、どうだい?行くかい?」
c0074025_2311412.jpg
そんな会話から約1時間後。

待ち合わせ場所から向かったのは、夕刻前の猪苗代。
c0074025_2311378.jpg
今日はキラキラ猪苗代。

先輩のバイクの鍵に付いてた可愛いヤツ。
c0074025_2312994.jpg
女は、あの手この手で浮気防止の策を練る。

ま、浮気男にしたら
こんなのこれっぽちの効果も無いんだろうけどさ。
c0074025_23123438.jpg
峠を下りてきた広場で
総重量の限界に挑戦してみる子供2人。
c0074025_2313629.jpg
予定になかったお出かけ。
ちょうど良い午後でした。

[PR]
# by suzusuzu_77 | 2012-05-19 22:32 | 旅(冒険)

オレンジマッハに胃癌見つかる

今年のGWはどこにも行かないかわりに
4日の夜に何か美味しいモノでも食べに行こう
という約束を、ものの見事に忘れられ
翌日5日のバイクの予定は
私の方がすっぽかしてやろう…と企てていた。

「集合場所に予定の時間まで現れなかったら
お留守番だと思ってください」
とメールを打って、行かないツモリの私は
存分に夜更かしを楽しんだ。

明け方5時。
ウトウトし始めた私を起こす着信の音。

出ようか出まいか迷っている内に切れて
切れたと思ったら、またスグに携帯が鳴った。

仕方なく電話を取ると
「行くよ、早く準備して!!」
と、いつも通りの急で強引な誘い。

いや、今日は留守番するし。

頑なに行かない姿勢を崩さない私に
彼がこんなことを言った。

「オレンジマッハ、胃癌見つかって
今日が入院前の最後の日なんだよ」

……ったく…
どうしてそういう大事なことを
前もって言わねぇんだよ……。

大急ぎで支度して
お迎えマッハに跨りました。
c0074025_13381167.jpg
最初の休憩場所にて
今日の目的地の相談開始。

気になるのはお天気の行方。

候補地の天気予報を調べ、改めて出発。
c0074025_13383695.jpg
向かった先は、福島県いわき。

正解。こんなに晴れてる!!
c0074025_13385872.jpg
大震災の時に津波の被害を受けた漁港は
今も再開のメドが立たず
海岸付近の飲食店の殆どがシャッターを閉めたまま。

窓ガラスが割れたままのお店や
津波に遭ったであろう錆びた数台の車や
「立ち入り禁止」のテープが張り巡らされた漁港。
c0074025_13392091.jpg
「がんばっぺ、いわき」の文字が、心に沁みます。

漁港のスグ裏手に位置する市場食堂で
海の幸満載のお昼ご飯を済ませ
午後の暖かい陽射しの中で思い思いの時間。
c0074025_13394392.jpg
オレンジマッハが海を見て呟いた。

「俺、バイク乗れなくなったら
胃癌の前にストレスで死ぬよな」
c0074025_13401013.jpg
ば~か。
そんな簡単に死なせねぇよ。

病院抜け出すぐらい
ミンナが手伝ってヤルって。

[PR]
# by suzusuzu_77 | 2012-05-05 22:34 | 旅(冒険)

お花見ドライブ

4月下旬の福島は
どこもかしこも満開で
お天気も良くて
最高のお花見日和。
c0074025_12163045.jpg
陸運局に行くんだけど…と彼。
「何もしなくていいんだったら行く」と私。

どうせヒトリじゃ心細いんでしょ。
仕方無いから一緒に行ってあげるよ。
c0074025_1217726.jpg
陸運局に到着すると
「何もしなくていい」は全くウソで
ナンバー外したり、書類出したり
コーヒー買いに行ったり
警察署の電話番号調べたり……。
c0074025_1218392.jpg
でも、まぁ、おかげで今年も
晴れ桜を満喫できたから、良しとしましょう。

[PR]
# by suzusuzu_77 | 2012-04-25 16:01 | 旅(冒険)

雨のブルブルBBQ

今年の桜は、いつもに比べて
ちょっとユックリでした。
c0074025_11334855.jpg
ツボミが膨らみ始めた最初の週末。
恒例のお花見BBQ!!
c0074025_11344977.jpg
だったんだけど
この日は雨が降っていて
吐く息が白くて
春とは思えないぐらい寒かった。

どんぐらい寒かったかと言うと
こんなのが出ちゃうぐらい寒かった。
c0074025_11363758.jpg
挙句の果てには
ビールの空き缶に日本酒入れて
熱燗なんぞ始めちゃう始末。
c0074025_11382991.jpg
六本木で高級焼肉店を営む先輩は
年に数回 上等なお肉を送ってくれる。
c0074025_11394820.jpg
私たちが準備するのは
お酒とBBQの道具程度で済むぐらい
タップリのお肉を送ってくれる。
c0074025_11405894.jpg
ヤキソバは箸休め。
美味しいお肉でお腹イッパイ。

今年も春が始まりました。

[PR]
# by suzusuzu_77 | 2012-04-22 16:00 | 唯(バイク)

zuらzuらの長い1日・その2

命にかかわるような病気じゃないし
手術…ったって、2時間程度のモノだけど
ヤッパリ身体にメスを入れる…ってことは
とっても大変なことなんだと思った。
c0074025_14264328.jpg
パパンとママンとすずに見送られて
手術室に吸い込まれていくzuらzuら。
c0074025_1427153.jpg
控え室には、パパンとママンが残ることになり
すずはタバコついでにお買い物。

ダイスキなココナッツの月餅を見つけました。
c0074025_14274563.jpg
zuらzuらの麻酔が切れたら一緒に食べよう…
と思ってたんだけど
zuらzuらの絶食解除は、この翌日でした。
c0074025_14281491.jpg
たった2時間なんだけどね。
長い長い2時間でした。

以下は、一応「モザイク」かかってます。
つまりモザイクをかけなきゃイケナイ画像だということです。
大丈夫な方だけ、ポチしてください。


モザイク画像へGO!!
[PR]
# by suzusuzu_77 | 2012-03-16 14:21 | 我(家族)

zuらzuらの長い1日

2012年3月15日

この日の福島は
まだ少し雪が舞っていました。

zuらzuらの長い1日の始まり。
c0074025_13472126.jpg
内視鏡を使った、ちょっとした手術。
c0074025_13474035.jpg
全身麻酔を受ける前の
病室でのリラックスの時間。

壁にかかるテレビに映し出されていたのは
ダウンタウン。
c0074025_1348195.jpg
前日から、絶食はモチロン
絶飲の指示も出て、それに従うzuらzuら。
c0074025_13484272.jpg
ご飯を食べないのは
割りと平気で出来ることだけど
水分を摂らない……ってのは
考えただけでも、体中がパサパサになる感じね。
c0074025_1349573.jpg
すご~く痛い注射に
一瞬だけ驚いたzuらzuらは
ベッドごと手術室に運ばれていきました。

[PR]
# by suzusuzu_77 | 2012-03-15 13:44 | 我(家族)

復興支援は AT THE HOP

あの日から、間もなく1年になろうとしています。

2月26日。オレンジ色の人達と
頑張ろう郡山・頑張ろう福島・頑張ろう東北の復興支援。
c0074025_14423362.jpg
寄附や募金をベースにしたチャリティーライブ。

飲めば飲んだだけ募金になるイベント。

胃薬携え、気合十二分。
c0074025_1443068.jpg
テーブルの上には

ビール
ビール

ビール
c0074025_14433015.jpg
ここに集まった誰もが
原発の収束に、まさか1年もかかる……
なんては思ってもいなかっただろう。

AT THE HOPで一汗かいたら
ろけんろーるぱーてぃーは最高潮。
c0074025_1444125.jpg
最後は会場を訪れた全員で
「I Loveyou & I Needyou ふくしま」を熱唱。

仲間内はモチロン。
知らぬ者同士が抱き合い、肩を叩き合う。

福島、まだまだいけます!!

[PR]
# by suzusuzu_77 | 2012-02-26 23:36 | 唯(バイク)

現実へ戻る日

朝の扉を開けてダイニングへ。
c0074025_14342219.jpg
ここの朝食には、ちょっと感動。

定番のオムレツやスクランブルとは違う
ちょっと凝ったタマゴ料理で驚かせてくれたり
一手間かけたウィンナーのソテーやペンネのサラダや
パンだけじゃなく、濃厚なリゾットもあって
朝からお腹イッパイのご機嫌大満足。
c0074025_14345395.jpg
夕食の時と同じ距離を保ち
良い意味で私達を放っといてくれる。

おかげでプライベートな話を存分にできた。

「記念日か何かですか?」と訊ねられ
一瞬答えに戸惑ったけど、せっかくだから
「記念日ですか?」と聞かれた記念日に決定。
c0074025_14352418.jpg
私のオヤスミは、もう少し残っていたけど
小さな小さな現実逃避は、これでオシマイ。

扉の向こうは、現実。
c0074025_14355517.jpg
冬眠も終了間近。
今度は、春の扉の前に立とう。

[PR]
# by suzusuzu_77 | 2012-02-23 14:26 | 旅(冒険)

現実逃避の夕ご飯

ハラペコ2人を相手にして
シェフは さぞ大変だったでしょう。
c0074025_14223633.jpg
彩り豊なアントレは
スモークサーモン・ホタテのマリネ・生ハムのサラダ
トマトのポタージュ
c0074025_1423897.jpg
苺(とちおとめ)の100%ジュースは
シロップが入ってる?
と勘違いするぐらい甘いの。
c0074025_14233629.jpg
ポワソンは
舌平目のムニエル レモンソース

お口直しにベリーのソルベ

キッチンから「よしっ!!」という声と共に
ビヤンドの牛ステーキ
c0074025_142495.jpg
オーダー通りのミディアムレア

ソースはご飯に合うお味

アントルメ・フリュイはワンプレート
c0074025_1424404.jpg
最後のカフェは特別に2つ頂きました。

宿泊客が私達だけ…と知った時
前回のイヤな思い出がよぎったの。

前回のお宿のオーナー夫妻は
食事の間中、ずっとお話をしてくれていた。

モチロン会話も「もてなし」のヒトツには間違いないけど
お料理の状態もお腹の状態も
一番ピークの時に話し掛けられ
話を聴く側としては、一旦箸を置く事になる。

一言二言で終わるのかと思えば、それが延々と続く。
しかも、どちらがホストで
どちらがゲストか分からないような内容ばかり。

そうこうしてる内に、なんとなくお腹が一杯になり
せっかくのお料理も食べきれずに残ってしまいました。

それは、朝食の時も同様で
熱々で出してくれた美味しいスープも
ありつける頃には残念な温度……。

しかも、ゴチソウサマをさせてもらえたのは
チェックアウトの時間5分前。

あまり良い思い出として残ってない記憶が甦り
今回は、できれば避けたいな……と考えていました。

ところが、ここのオーナーは
会話のタイミングもボリュームも
ちょうどいいアンバイ。

おかげで、終始心地良く過ごすことができました。

[PR]
# by suzusuzu_77 | 2012-02-22 14:15 | 旅(冒険)

この時期那須はオフシーズン

前回の那須高原の時もそうだったけど
冬の那須高原はスキー場付近以外はオフシーズン。
c0074025_1485893.jpg
前回同様、今回もこの日の宿泊客は、私達1組。

案内されたお部屋の扉を開けると
ボーダーコリーがお出迎え。
c0074025_1492551.jpg
お部屋にはアンティーク家具が並んでいて
お姫様チックなアイテムが満載。
c0074025_1495555.jpg
そんなお部屋で
お姫様っぷりを余すとこなく発揮する みぃ。
c0074025_14102932.jpg
負けじと私もお姫様に変身。

お風呂の準備を整えてもらって
優雅優越一番風呂。
c0074025_141106.jpg
だけど
それでも、まだ
許してなんて
やらないんだから!!

[PR]
# by suzusuzu_77 | 2012-02-22 14:04 | 旅(冒険)


お気に入りブログ
お友達ブログ
検索
カテゴリ
以前の記事
ライフログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧