見てろ私の底力!! 好きな言葉は「女だてら」と「男勝り」。 日本人なら「喧嘩」と「祭り」に「桜」と「花火」!! 粋な女になってやらぁ!!
by すず
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

本当の空がある二本松

お風呂の後は、館内を探検。

ここ二本松も「八重の桜」で盛り上がってました。
c0074025_14523695.jpg
指定の時間にレストランへ。

お待ちかねのお夕食。
c0074025_1453386.jpg
ちょっと暗めの照明で
雰囲気抜群の水上レストラン。

テーブルの下に、お水が流れてます。
c0074025_14532818.jpg
天ぷら・お造り・鮭の西京漬け
牡蠣や穴子や海老の入った海の幸の鍋
カジキのグリルはバジルソース
チーズがアクセントのスパニッシュオムレツ
などなどで、お腹イッパイ大満足。

ただ、デザートだけが不満足。

だって…羊羹なんだもん…。

ちっ…なんだよ、羊羹て…。

気を取り直して、お部屋で二次会。
c0074025_14535388.jpg
のハズでしたが
お姉様方2人、揃いも揃って
9時過ぎにダウン…。

相当お疲れなのね。

じゃ、私はヒトリ遊びを始めましょ。

夜の雪見露天風呂独占!!
c0074025_14541751.jpg
泉の湯気は、風まかせ。
空に舞う雪の粉は、もはや天然のミスト。
見上げた天には、まんまるお月様。
低気圧の波が、肩を撫でる。

気持ちいい。

我を忘れて、しばし「無」になる。

何も考えない時間を過ごし、お部屋に戻ると
お姉様方はスッカリ夢の中。

静かに夜が更けていきました。

翌朝の朝食は、オープンダッシュ。
レストラン一番乗り!!
c0074025_14544291.jpg
パンは いつも通りサンドイッチにして
ご飯は山盛り、おかわり2膳。

減量中だけど、気にしない気にしない。

たらふく食べて、朝風呂三昧。

お風呂の後は、もう一眠り。
c0074025_14551066.jpg
本当の空がある二本松。

本当の空の下で
なんとも贅沢な旅ができました。

さて…次は どこに行こう?

[PR]
by suzusuzu_77 | 2013-01-28 14:50 | 旅(冒険) | Comments(2)

極寒低気圧。だからこその至福。

熱いお茶で一息ついたら
ミンナ揃って温泉へ。
c0074025_14463687.jpg
今回の旅のメンバーは
障がい者支援のお仕事で知り合ったお姉様方。

昨年12月の頭に「忘年会」と題した酒飲みをした際に
「泊まりで宴会とか良くない?」と話が出たのが
今回の旅の経緯。
c0074025_1447163.jpg
でもね、お姉様方。
そういう計画は、12月に入っちゃってからじゃ
ちょっと間に合わないことの方が多いのよ。

しかも「12月30日か、1月2日あたり」なんて
簡単にリクエストくれたけど
その日程で滑り込めるお宿は
3万とか4万とか…。

予定の金額を遥かに超える料金設定で
年末年始期間以外に狙いを定めるしか方法がなかったの。

連日、血眼になってお宿探しに明け暮れたわ。

でもね、そのおかげで
日程・料金・距離・お料理・お風呂
総ての条件を満たしてくれる所を発見できたの。
c0074025_14472966.jpg
これこれこれ。
一度ヤッてみたかったんだ。

前日からの大雪で、完璧なまでの雪見露天風呂。
c0074025_14475449.jpg
雪国東北、冬の醍醐味。

紙コップ…ってのがちょっとシラケルけど
頭に雪を積もらせて、日頃のアレコレを洗い流す。
c0074025_14481855.jpg
念願叶ったお泊り宴会。

この時点で、既に「次はどこ行く?」の相談。
c0074025_1448425.jpg
春は、桜見の風呂。
夏は、深緑の風呂。
秋は、紅葉風呂。

あっ!!お姉様方!!
ゴールデンウィークにぶつけるなら
早めに言ってね。

[PR]
by suzusuzu_77 | 2013-01-27 14:44 | 旅(冒険) | Comments(2)

お泊り新年会

昨年11月に辞めた職場のお友達と
今日はお泊り新年会。

雪が積もりました。
c0074025_1439513.jpg
計画当初は「車で行ける近い場所」をベースに
遠くなく、近すぎでもなく…
という場所を目的地としましたが
出発前日からドカドカと降り出した雪は
あっという間に景色を白く染めあげ
雪国育ちのクセに
雪道運転に自信の無い私達は
急遽 電車の旅に切り替えました。
c0074025_1440728.jpg
電車に揺られること、約30分。

降り立ったのは…
c0074025_14404773.jpg
本当の空がある二本松。

きゃっきゃとハシャグ私達に
見ず知らずのヒトが「撮ってあげましょうか」と
声をかけてくれました。
c0074025_14411351.jpg
ここからは、専用のシャトルバスが迎えにきてくれて
雪の積もった坂道をどんどん登っていって
本日のお宿に到着。
c0074025_14413858.jpg
お部屋に案内されて
荷物を置いたら
持ち寄ったオヤツを早速並べ
熱いお茶で、まずは一息 。
c0074025_1442176.jpg
2013年 最初のイベント。
始まり始まり~。

[PR]
by suzusuzu_77 | 2013-01-26 15:47 | 旅(冒険) | Comments(2)

2013のその後

2013年 開幕…っつっても
今年は喪中の為
お正月らしいことは何もなかったけど
元旦には、クリコさんから届いた
ステキなギフトがリビングを飾った。
c0074025_1342021.jpg
私は…というと
相変わらずグダグダと過ごし
時々キングとお散歩に出かけ
減量でも始めようか…と思い立ち
久しぶりに食事のエネルギー量を計算したりした。
c0074025_13424362.jpg
そんなことをしだした数日後…
福が来た!!
c0074025_13441167.jpg
1月12日 愛しの金魚たんから
「今日、郡山だよ~」って。

金魚たんのバスが停まるであろう駐車場に先回り。

パイロンどかせてお迎え準備。

前回と同じおでん屋さんの暖簾をくぐって
今夜もキワドイえろ話!!

「すずちゃんは、女の子なんだよ」
「女の子はさ、一番でなきゃダメなんだよ」
「でもさ、そんだけ愛せた男がいる…ってことは
幸せなことでもあるね」という
金魚たんの言葉がヒドク胸に響いた。

金魚たんはさ、不思議なほど驚くほど
私がしてきたことを、ズバリと言い当てた。

この日も気付けば午前様。

ゲラゲラ笑いながら
金魚たんの泊まるホテルに到着して、またねのハグ。

「頑張らなくていいんだからね」って金魚たんからのエール。

エレベーターの扉が閉まるの見てらんなくなっちゃった。

金魚たんに会って
やっとやっと年が明けた気がした。

それは気のせいなんかじゃなくて
本当に何かが私を動かして
ズルズルの自分を奮い起こすことができた。
c0074025_13444420.jpg
まだまだ寒くて
どんどん雪が降るけど
一足先に誰よりも早く
春に向かおうか。
c0074025_13451086.jpg
キング。春は どっち?

[PR]
by suzusuzu_77 | 2013-01-20 13:30 | 独(ヒトリゴト) | Comments(4)


お気に入りブログ
お友達ブログ
検索
カテゴリ
以前の記事
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧