見てろ私の底力!! 好きな言葉は「女だてら」と「男勝り」。 日本人なら「喧嘩」と「祭り」に「桜」と「花火」!! 粋な女になってやらぁ!!
by すず
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ:旅(冒険)( 67 )

先日テレビでやってたから

調子に乗ってあげてみる。

栃木県那須塩原名物
スープ入り焼きそば
c0074025_2521083.jpg
宇都宮サル居酒屋の翌日
ちょっと遠回りして寄り道。

これね、すごくジャンクな味。

お店特製の「酢」をプラスすると
別物になる感じで、またウマイ。

スープ入り焼きそば。
近くにお越しの際は、是非ご賞味あれ。

[PR]
by suzusuzu_77 | 2012-07-01 02:39 | 旅(冒険)

初夏のBBQ

前置きに、ちょっとだけ彼の話。

昨年12月。彼が転職しました。
なんでも、お友達と運転代行の仕事を立ち上げる…
とかで、トレーラーを降りることに。

「バイクからトレーラーまで代行します」
をコンセプトに、大型2種免許を取得した彼。

すずも、ホテルがオヤスミの日は随行車のお手伝い。

今は既存の代行会社に所属し、修行中の彼。

この日は、その会社の社長の計らいで
初夏のバーベキュー!!
c0074025_1163480.jpg
正直なところ、この不況の最中に事業を興すこと
しかも、それが運転代行…ということに
すずは、賛成できないでいる。

オヤスミのいくつかを随行してみて
需要の少なさを目の当たりにした。

それよりもなによりも
夜通しの仕事が身体にきたす負担を懸念。

5年に及び夜勤に従事した私。
えも言われぬ倦怠感と疲労感にしばしば襲われる現実。

「夜通し走ったこともあるから大丈夫」
と彼は簡単に言うけど
それは月に数回のことだったでしょう?

毎晩のこととなれば
収入云々の前に、身体が心配。
c0074025_324754.jpg
とは言っても、もう始まってしまったこと。

収入の不安定さは、彼が一番身にしみてる。
身体の不調も徐々に感じてきたみたい。

それでもヤメない…ということは
彼なりに何か理由があっての事だろう。
c0074025_118751.jpg
だったら黙って見守るしかない。

随行のお手伝いができるのも
すずが転職するまでの残り数回。
c0074025_1194335.jpg
初夏のBBQは梅雨の晴れ間。

久しぶりの太陽と仲良し。

思う事はイロイロ沢山あるけれど
彼の言葉を借りて言うなら、人生は一度キリ。

日中のお出かけがグンと減って
ちょっと寂しくなるけど、応援するよ。

[PR]
by suzusuzu_77 | 2012-06-24 21:12 | 旅(冒険)

糖度20の特別Sweet

6月12日・天気は霧雨。
2年ブリの赤い橋。
c0074025_23242534.jpg
2つめの橋は
今は通れなくなってました。
c0074025_23252557.jpg

鹿嶋の海を眺め
向かった先は茨城県鉾田市。

何でも、鉾田市は
メロンの生産量日本一なんだって。

彼が以前所属していた茨城の会社に
メロン農家のお友達がいて
「今年のメロンは上出来だぞ」との連絡を受け
収穫ピークの6月中旬にオジャマしました。

完熟極上高糖度!!
c0074025_23261313.jpg
糖度20の特別を頂きました。

売り物にならないメロンが次から次へと運ばれてきます。

メロンでお腹イッパイ……
なんて、とんでもない贅沢!!

でもね、この日はまだまだ贅沢が続くの。

メロンデートの後は
彼の麻雀仲間が集うお寿司屋さんへ。
c0074025_23264934.jpg
久しぶりのカウンター寿司。

上品なサシが入った中トロに近い赤身。
c0074025_23272550.jpg
麻雀の話で盛り上がる彼達の隣りで
ヒマを弄んでいたら出てきたエビ。
c0074025_2328052.jpg
そして、このお店にきた私の最大の目的
ばらちらし
c0074025_23284140.jpg
ご飯よりもお魚の方が多い
スペシャルバージョン!!

贅沢で盛り沢山の1日でした。

[PR]
by suzusuzu_77 | 2012-06-12 21:41 | 旅(冒険)

宇都宮で楽しい夜


「明日、栃木の陸運局に行くんだけどさ」

「そう、気を付けて行ってらっしゃい」

「前泊、泊まりで行くんだ」

「そう、じゃキャバクラで女でもかまってくれば?」

「おもしろそうなとこ見つけたんだ」

「そう、写メでも送って」

「お猿さんのいる居酒屋なんだけど」

「行くっ!!」

てなアンバイで、辿り着いた所は、こんなとこ。
c0074025_23552824.jpg
赤ちょうちんが、いい感じ。

お店に向かう前に
「お猿さん、いますか?」
って確認の電話をしてみたら
「お猿さん、大丈夫です」
って返事に、期待感急上昇。

「自動ドア」って書いてあるのに手動の扉を開けると
きっとお猿さんが出迎えてくれるのね。

お猿さんと対面すべく、呼吸を整え
扉に手をかけ、ユックリユックリ………







お猿さ~ん。






お猿さ~~ん。










c0074025_23555347.jpg
怖っ!!
びびった。マジびびった!!
何か、見ちゃイケナイの見ちゃったかと思った!!

ビクッ……ってなった。
咄嗟に逃げの体勢になった。

お店のお父さんの「いらっしゃい」の声で我に返る。

「可愛いでしょ?俺が作ったんだ」

どうやら、お父さん手作りのお面らしい。

お世辞にも「可愛い」とは思えない正直者の私。

スゴ~イ!!とだけ大袈裟に言って
お猿さんが視界に入らないお席を選んだ。

ビールとウーロン茶と餃子と串焼きと……

思いつくモノを注文して、運ばれてくるのを待ってると
お料理よりも先に、ちっちゃいbabyが運ばれてきた。
c0074025_23561775.jpg
生後3週間だって。

私の指を、食べ物と勘違いして
一生懸命ガジガジしてた。

最初は互いに警戒し合った両者だったけど
イジワルなことされないと知ると
背中に飛び乗る大サービス。
c0074025_23564786.jpg
「滅多に無い機会だから」と
babyを抱っこさせてくれた。
c0074025_23571650.jpg
お料理に手を出すなんてことは全くせず
「オシボリください」というと、持ってきてくれるお猿さん。

苦手なモノは、酔っ払いなんだって。
c0074025_23574426.jpg
お猿さんと、酒盛り。
ちょっと楽しい宇都宮の夜でした。

[PR]
by suzusuzu_77 | 2012-05-24 23:41 | 旅(冒険)

ちょうど良い午後


最高にお天気が良くてお仕事もオヤスミで
どこか行きたいなぁ…と思っていた午後でした。

彼の友人から、不意の着信。

どきっ…とする。
もしや、また事故じゃ……。

恐る恐る電話に出ると、陽気な声がこう言った。

「今日って、一緒?」

私が彼と一緒かどうかを聞いている。

別行動だけど、どして?

「今、電話したんだけど出なかったから一緒なのかと思って」

彼が私と一緒にいて出ない電話は、女からの電話だけだ。
ツマリ、私からの電話に出ない時は、女といる時だ。

「天気いいからさ、どうだい?行くかい?」
c0074025_2311412.jpg
そんな会話から約1時間後。

待ち合わせ場所から向かったのは、夕刻前の猪苗代。
c0074025_2311378.jpg
今日はキラキラ猪苗代。

先輩のバイクの鍵に付いてた可愛いヤツ。
c0074025_2312994.jpg
女は、あの手この手で浮気防止の策を練る。

ま、浮気男にしたら
こんなのこれっぽちの効果も無いんだろうけどさ。
c0074025_23123438.jpg
峠を下りてきた広場で
総重量の限界に挑戦してみる子供2人。
c0074025_2313629.jpg
予定になかったお出かけ。
ちょうど良い午後でした。

[PR]
by suzusuzu_77 | 2012-05-19 22:32 | 旅(冒険)

オレンジマッハに胃癌見つかる

今年のGWはどこにも行かないかわりに
4日の夜に何か美味しいモノでも食べに行こう
という約束を、ものの見事に忘れられ
翌日5日のバイクの予定は
私の方がすっぽかしてやろう…と企てていた。

「集合場所に予定の時間まで現れなかったら
お留守番だと思ってください」
とメールを打って、行かないツモリの私は
存分に夜更かしを楽しんだ。

明け方5時。
ウトウトし始めた私を起こす着信の音。

出ようか出まいか迷っている内に切れて
切れたと思ったら、またスグに携帯が鳴った。

仕方なく電話を取ると
「行くよ、早く準備して!!」
と、いつも通りの急で強引な誘い。

いや、今日は留守番するし。

頑なに行かない姿勢を崩さない私に
彼がこんなことを言った。

「オレンジマッハ、胃癌見つかって
今日が入院前の最後の日なんだよ」

……ったく…
どうしてそういう大事なことを
前もって言わねぇんだよ……。

大急ぎで支度して
お迎えマッハに跨りました。
c0074025_13381167.jpg
最初の休憩場所にて
今日の目的地の相談開始。

気になるのはお天気の行方。

候補地の天気予報を調べ、改めて出発。
c0074025_13383695.jpg
向かった先は、福島県いわき。

正解。こんなに晴れてる!!
c0074025_13385872.jpg
大震災の時に津波の被害を受けた漁港は
今も再開のメドが立たず
海岸付近の飲食店の殆どがシャッターを閉めたまま。

窓ガラスが割れたままのお店や
津波に遭ったであろう錆びた数台の車や
「立ち入り禁止」のテープが張り巡らされた漁港。
c0074025_13392091.jpg
「がんばっぺ、いわき」の文字が、心に沁みます。

漁港のスグ裏手に位置する市場食堂で
海の幸満載のお昼ご飯を済ませ
午後の暖かい陽射しの中で思い思いの時間。
c0074025_13394392.jpg
オレンジマッハが海を見て呟いた。

「俺、バイク乗れなくなったら
胃癌の前にストレスで死ぬよな」
c0074025_13401013.jpg
ば~か。
そんな簡単に死なせねぇよ。

病院抜け出すぐらい
ミンナが手伝ってヤルって。

[PR]
by suzusuzu_77 | 2012-05-05 22:34 | 旅(冒険)

お花見ドライブ

4月下旬の福島は
どこもかしこも満開で
お天気も良くて
最高のお花見日和。
c0074025_12163045.jpg
陸運局に行くんだけど…と彼。
「何もしなくていいんだったら行く」と私。

どうせヒトリじゃ心細いんでしょ。
仕方無いから一緒に行ってあげるよ。
c0074025_1217726.jpg
陸運局に到着すると
「何もしなくていい」は全くウソで
ナンバー外したり、書類出したり
コーヒー買いに行ったり
警察署の電話番号調べたり……。
c0074025_1218392.jpg
でも、まぁ、おかげで今年も
晴れ桜を満喫できたから、良しとしましょう。

[PR]
by suzusuzu_77 | 2012-04-25 16:01 | 旅(冒険)

現実へ戻る日

朝の扉を開けてダイニングへ。
c0074025_14342219.jpg
ここの朝食には、ちょっと感動。

定番のオムレツやスクランブルとは違う
ちょっと凝ったタマゴ料理で驚かせてくれたり
一手間かけたウィンナーのソテーやペンネのサラダや
パンだけじゃなく、濃厚なリゾットもあって
朝からお腹イッパイのご機嫌大満足。
c0074025_14345395.jpg
夕食の時と同じ距離を保ち
良い意味で私達を放っといてくれる。

おかげでプライベートな話を存分にできた。

「記念日か何かですか?」と訊ねられ
一瞬答えに戸惑ったけど、せっかくだから
「記念日ですか?」と聞かれた記念日に決定。
c0074025_14352418.jpg
私のオヤスミは、もう少し残っていたけど
小さな小さな現実逃避は、これでオシマイ。

扉の向こうは、現実。
c0074025_14355517.jpg
冬眠も終了間近。
今度は、春の扉の前に立とう。

[PR]
by suzusuzu_77 | 2012-02-23 14:26 | 旅(冒険)

現実逃避の夕ご飯

ハラペコ2人を相手にして
シェフは さぞ大変だったでしょう。
c0074025_14223633.jpg
彩り豊なアントレは
スモークサーモン・ホタテのマリネ・生ハムのサラダ
トマトのポタージュ
c0074025_1423897.jpg
苺(とちおとめ)の100%ジュースは
シロップが入ってる?
と勘違いするぐらい甘いの。
c0074025_14233629.jpg
ポワソンは
舌平目のムニエル レモンソース

お口直しにベリーのソルベ

キッチンから「よしっ!!」という声と共に
ビヤンドの牛ステーキ
c0074025_142495.jpg
オーダー通りのミディアムレア

ソースはご飯に合うお味

アントルメ・フリュイはワンプレート
c0074025_1424404.jpg
最後のカフェは特別に2つ頂きました。

宿泊客が私達だけ…と知った時
前回のイヤな思い出がよぎったの。

前回のお宿のオーナー夫妻は
食事の間中、ずっとお話をしてくれていた。

モチロン会話も「もてなし」のヒトツには間違いないけど
お料理の状態もお腹の状態も
一番ピークの時に話し掛けられ
話を聴く側としては、一旦箸を置く事になる。

一言二言で終わるのかと思えば、それが延々と続く。
しかも、どちらがホストで
どちらがゲストか分からないような内容ばかり。

そうこうしてる内に、なんとなくお腹が一杯になり
せっかくのお料理も食べきれずに残ってしまいました。

それは、朝食の時も同様で
熱々で出してくれた美味しいスープも
ありつける頃には残念な温度……。

しかも、ゴチソウサマをさせてもらえたのは
チェックアウトの時間5分前。

あまり良い思い出として残ってない記憶が甦り
今回は、できれば避けたいな……と考えていました。

ところが、ここのオーナーは
会話のタイミングもボリュームも
ちょうどいいアンバイ。

おかげで、終始心地良く過ごすことができました。

[PR]
by suzusuzu_77 | 2012-02-22 14:15 | 旅(冒険)

この時期那須はオフシーズン

前回の那須高原の時もそうだったけど
冬の那須高原はスキー場付近以外はオフシーズン。
c0074025_1485893.jpg
前回同様、今回もこの日の宿泊客は、私達1組。

案内されたお部屋の扉を開けると
ボーダーコリーがお出迎え。
c0074025_1492551.jpg
お部屋にはアンティーク家具が並んでいて
お姫様チックなアイテムが満載。
c0074025_1495555.jpg
そんなお部屋で
お姫様っぷりを余すとこなく発揮する みぃ。
c0074025_14102932.jpg
負けじと私もお姫様に変身。

お風呂の準備を整えてもらって
優雅優越一番風呂。
c0074025_141106.jpg
だけど
それでも、まだ
許してなんて
やらないんだから!!

[PR]
by suzusuzu_77 | 2012-02-22 14:04 | 旅(冒険)


お気に入りブログ
お友達ブログ
検索
カテゴリ
以前の記事
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧