見てろ私の底力!! 好きな言葉は「女だてら」と「男勝り」。 日本人なら「喧嘩」と「祭り」に「桜」と「花火」!! 粋な女になってやらぁ!!
by すず
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

うねめ伝説

約千三百年前、陸奥の国安積の里(現・郡山市)は冷害が続き朝廷への貢物ができないほどだった。
このため奈良の都から巡察使葛城王が訪れた。
里人たちは窮状を訴え貢物の免除をお願いした。しかし、その願いは聞いてくれなかったという。
その夜、王をもてなす宴が開かれ、王は里長の娘、春姫を見そめた。
春姫は心から王をもてなし、

安積山影さえ見ゆる
山の井の 浅き心を我が思わなくに


どうしてご機嫌が悪いのですか。
安積山のふもとに山の井の清水があります。
安積山の影を水面に映し、浅い井戸のように思われますが、どうして、どうして、とても深い清水です。
それと同じで私たちが王をお慕いしている気持ちはとても深いものです。
どうかご機嫌を直して下さい。
「安積釆女とその時代」より(今泉正顕氏著)

と詠み献上した。

王は大変喜び、春姫を帝の采女として献上することを条件に、貢物を三年間免除することになった。
春姫には、次郎という相思相愛の許嫁がおり、悲しみをこらえて別れた。
都での春姫は、帝の御蘢愛を受けていたが、仲秋の名月の日、次郎恋しさに猿沢の池畔の柳に衣をかけ、入水したように見せ、愛する次郎の待つ安積へ向かった。
里へたどりついた春姫は、次郎の死を知り、雪の降る夜、あとを追って次郎と同じ山の井の清水に身を投じた。
やがてみちのく安積の里にも春が訪れ、山の井の清水のまわり一面に名も知れぬ薄紫の美しい可憐な花が咲き乱れていた。

だれ言うともなく、二人の永遠の愛が地下で結ばれ、この花になったのだと噂をした。
「安積の花かつみ(学名ヒメシャガ)」とは、この花のこと。
この采女物語は今、郡山の夏の夜を彩どるうねめまつりとして受けつがれております。

そんな悲恋の魂を鎮めるお祭りに、ミッキーちゃん達が来ちゃったよ。
c0074025_20391939.jpg
原発事故の直後
郡山のディズニーストアは
70km圏内ってことで
あえなく撤退しちゃったんだ。
c0074025_2039504.jpg
今回のこのドリームクルーザーは
郡山がお願いして実現したんだって。

やるな、郡山。
見直したよ。
c0074025_20401720.jpg
でもね、郡山。
ディズニーを呼ぶんだったら
ディズニーを呼んだ側は
ディズニーの教育を受けなさい。
c0074025_20404567.jpg
「うねめ祭り」と書かれたTシャツ着てる
実行委員会か何か分かんないけど
アンタら、私に「しゃがめ」と言われてからしゃがむのって
ミッキーちゃん達に恥かしくない?
c0074025_2041960.jpg
それから、1時間も前から
沿道にちゃんと座って
ミッキーちゃん達の登場を待ってたチビッコ達の前に
平気な顔して割り込んでくる大人達!!

お前らに「今の子は…」なんて言う資格
これっぽっちもないからな!!

自分の孫よりもちっちゃいような子供の前に出て満足かい?

最前列に陣取ってたすず、断腸の思いで
割り込まれたチビッコと場所を交換したよ。

だけど、こっちの方が大満足だ。
c0074025_20414559.jpg
うねめ祭り史上最多の見物客。

ミッキーちゃん達、来年もまたおいで。

それまで、郡山のゲストコントロールスキルが整うよう
コンプレ出しておくからさ。

[PR]
by suzusuzu_77 | 2011-08-05 20:33 | 独(ヒトリゴト) | Comments(2)
Commented by ちかB at 2011-08-16 11:12 x
あはは!最後の写真のグーフィーったらなんか脱力してるー!
そだな。今度来る時はみんなすずちゃんとうずらちゃんに
特別授業受けさせないと!
Commented by suzusuzu_77 at 2011-08-19 19:00
ちかBさん(´∀`*)
でしょ(ノ∀<;)
愛しのグーフィー様ったら
完全にリラックスしてたのよ(ノ∀<;)
ずらずらもmixiで言ってた通り
どうせだったら気持ちよく
ミッキーちゃんに会いたいもんだ(´∀`*)
<< お誕生会 諦めていた場所 >>


お気に入りブログ
お友達ブログ
検索
カテゴリ
以前の記事
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧