見てろ私の底力!! 好きな言葉は「女だてら」と「男勝り」。 日本人なら「喧嘩」と「祭り」に「桜」と「花火」!! 粋な女になってやらぁ!!
by すず
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

新しいストレスが続いた3週間

あの大きな地震から、ちょうど1ヶ月後の4月10日。
その日はオヤスミで、彼の新しい車を迎える為に、早起きした日だった。

夜の9時。お布団に入った私に、職場からの電話を知らせるゴッドファーザーのテーマが流れた。

ナニゲに取ったものの、私はそれをヒドク後悔した。
c0074025_20183984.jpg
電話の内容は「今夜のナイトスタッフが突然オヤスミになったから、代わりに出勤できないか?」というモノだった。

出勤しなくて済むなら断わったけど、今の職場の状況を考えれば、自分が出る以外に選択肢はヒトツもなかった。

意識も朦朧としながら、やっとやっと朝を迎えた私に「後でどこかオヤスミ調整しますね」と、マネージャーからの嬉しい話があったけど、それが4月中に叶うことは無かった。
c0074025_2019631.jpg
オヤスミなのに、夜になってから「出勤できますか?」の電話が何回か続いた。

そのせいで、オヤスミだけど出勤の電話がくるかもしれない…と、予防策を打って仕事に備える動きを取ったりした。

オヤスミの主は「肋間神経痛」と診断されたらしく、ブロック注射しようにも、場所が心臓に近いところで、なんとも難しい…という医者の判断を仰いだという。

具合が悪い時はお互い様だけど、ヒトツ釈然としないことがあったとすれば、出勤する・しないの連絡が決まって夜だった…ってこと。

例え自分がオヤスミでも、どうせ今夜も出勤の電話がくるんだろう…と夜に備えていると「今夜はオヤスミで大丈夫です」って日もあった。

オヤスミは嬉しいけど、だったらもっと早い段階で知っておきたかった。オヤスミって分かってたら、済ませておきたい用事があったのに…と非常にガッカリした。

こんなのがずっと続いたから、いっそ期間を決めてしばらく休んでもらっては?とマネージャーに相談してみたけど、会社はそれを最後まで承諾しなかった。

肋間神経痛の彼には、休む・出勤するの連絡は、できれば早くお願いしたい…と伝えたら「日中は調子が良いから行けると思うんです。だけど、夜になるとヤッパリ具合が悪くて…」と歯切れの悪い答えが返ってきた。

そんなこんなで、4月の最後の日まで、自分が今日はオヤスミなのか出勤なのか、一向に定まらない毎日を送っていた。
c0074025_20193332.jpg
3月という月は地震に振り回され、4月という月は仕事に振り回され、ストレスは募る一方。
それは何も私に限ったことではなく、職場のミンナがそうだった。
口外しないだけで、それぞれに「肋間神経痛」の症状や治療法を調べたりしていた。

本当なら、労わらなきゃイケナイ肋間神経痛の彼に、私達のストレスの矛先が向いた。

たまに出勤してきた肋間神経痛の彼は、しきりに、しかも得意げな感じで睡眠導入剤を使ってる話を振ってきた。

ゴメンね。私、うzuらのおかげで、その系統の薬には、ちょっと詳しいのよ。

処方されてるのは眠剤だけ?出してもらってるお薬の名前は?えっ!?分からないの?じゃ、帰ったらお薬の名前確認してみて。○○と○○と○○は、ちょっと副作用の心配があるから、長期の服用は勧められないかな。○○と○○だったら初心者向き。同じ名前のお薬でも、3mgとか10mgとか成分量が異なるから、その数字までシッカリ見てね。セロトニン増やす薬も出してもらうように相談してみたら?

それっきり肋間神経痛の彼は、眠剤の話を二度と誰にもしなくなった。

それに伴い、5月からはシフト通りに動けることが大前提となった。
[PR]
by suzusuzu_77 | 2011-04-28 20:13 | 独(ヒトリゴト)
<< すずのゴールデンウィーク 沁みる春 >>


お気に入りブログ
お友達ブログ
検索
カテゴリ
以前の記事
ライフログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧